祇園新橋景観保全キャンペーンを地域、NPO法人、フォトグラファー、京都女子大学が協力して行いました。

昨今、結婚式などの記念写真を事前にゆっくり撮影する「前撮り」をする人が増えています。そのロケーション地として人気を博している祇園新橋では、急増する「前撮り」によってせっかくの祇園新橋の景観、風情が損なわれたり、また、通行を妨げとなる、車との接触が心配されるなど、安全面の課題も発生しています。つい最近、前撮り業者と通行人が口論となり、警察に通報されるという事件もありました。

6月12日、14時から16時まで、地域住民、NPO法人京都景観フォーラム、景観を考えるフォトグラファーの会、京都女子大学が共同で、撮影マナーの向上について前撮り業者や観光客に訴えるキャンペーンを企画しました。京都女子大学からは、現代社会学部の学生が、前撮り業者や観光客に景観についての意識を聞いたり、地域の方と共にチラシを配ったりして、活動に参加しました。

当日は、NHK京都、KBS京都、テレビ大阪、京都新聞など報道取材も入り、景観保全キャンペーンはマスコミにも取り上げていただくことができました。

最初は、なかなか声をかけにくかった学生たちですが、一生懸命取り組む様子に、地域の方々から感謝の声をいただくことができました。

学生たちの様子は、現代社会学部ブログでもご覧いただけます。http://www.cs.kyoto-wu.ac.jp/blog/

配布したチラシは、日本語の他に、英語、中国語でも撮影マナー向上を訴求しました。チラシは、今後、祇園新橋の各店舗に置いて、目に余る行為を見かけたときや、観光客に配布し、継続してご活用いただく予定です。

  

▲クリックで拡大画像