東山シニアクラブ連合会と日本語プログラム留学生の交流会を行いました。

6月28日(金)留学生16名が、祇園甲部歌舞練場、建仁寺、六波羅珍皇寺を東山区シニアクラブ連合会の方5名の案内でまち歩きに参加し、その後やすらぎふれあい館でシニアクラブの方11名と合流して、交流会を行いました。
留学生は、昔の地図・資料や建築物などにふれるまち歩きに、クイズ形式で参加しました。質問に次々と解答する博学ぶりに、案内役の方は驚かれながら、さらに詳しい説明を加えていただき、花街のしくみや祇園の歴史などをより深く学ぶことができました。
交流会では、留学生は、自分の名前を紙に書いて示しながら発音したり、地図に出身地をプロットしたりと、工夫しながら自己紹介やお国自慢を行いました。好きな日本食の話題になると、シニアクラブの方々が東山区のお薦めのおいしいお店を紹介して下さり、大いに盛り上がりました。最後はシニアクラブの方々が進行やジェッジを務められ、留学生対抗輪投げを行いました。留学生たちは、シニアクラブの方々に点数を確認しアドバイスを受けながら、勝敗に一喜一憂してゲームを楽しみました。
この日の交流を通して、地域で高齢者がいきいきと、元気に暮らし続けるためには、活躍の場が必要であることを改めて実感しました。また留学生にとっては、生きた文化交流できるたいへん良い機会となりました。