産学連携講座B3の寄附講義終了後、京都女子大学と連合で合同記者会見を実施しました。

産学連携講座B3 「働く女性のための基礎講座」連合の神津里季生会長が寄附講義を担当くださいました。寄附講義では、労働法の基礎知識だけでなく、非正規雇用など現在の労働環境や実態についてデータを示しながらお話しいただきました。
寄附講義の終了後は、京都女子大学と連合で合同記者会見が本学錦華殿で実施され、合計6社のマスコミから取材を受け、寄附講義の意義や学生の反応などについて、質問がされました。
様々な業界の生の声を聞き、学生が自らの将来について考える機会として、寄附講義の果たす役割りは大きいと捉えられています。