弥栄自治連合会で、「本場中国の家庭料理(水餃子)作り講習会」を行いました。

弥栄自治連合会「すこやか学級」では、本年度前期は、本学 姜 紅祥先生が「やさしい中国語」を担当し、高齢者に向けた講座を行いました。
この機会に、本場、中国の家庭での味を「すこやか学級」の高齢者の方々に味わっていただきたいという提案が役員の方からあり、今回、姜先生の奥様の協力を得て、講習会が実現しました。
すこやか学級を運営されている地域の方12名と、この日は、肉、海鮮2種の水餃子を作り、試食しました。餃子の皮を丁度良い厚さに丸く伸ばすなど中々上手くいかない場面もありましたが、最後は全員で美味しく水餃子をいただくことができました。
早速、次回の「すこやか学級」では、本日作った水餃子を高齢者の方に味わっていただくことになっています。
地域連携研究センターでは、地域の方と触れ合い、皆さまに楽しんでいただける機会に貢献したいと考えています。