リーダーを目指す女性たちを応援!
政府は東京証券取引所のプライム市場に上場する企業に対し、女性役員の比率を2030年までに30%以上とする目標を掲げていますが、2023年時点でその比率は、13.4%で、OECD諸国の平均29.6%(2022年)、日本を除くG7諸国の平均38.8%(2022年)より未だ低い状況です。  政府は、女性役員が少ない要因の一つとして、役員候補となる女性のパイプラインの構築が不十分であることを指摘し、施策として、役員候補の女性に対するリーダー育成研修が必要であることを指摘しています。 本学リカレントでは、女性活躍を推進する一助として、2021年より文部科学省の委託事業として、「女性リーダー育成コース」をスタートさせました 「キャリアアップしたいが、訓練の場に恵まれない」「ロールモデル・多様な受講生との交流を通じ、リーダーに必要なスキルを身に着けたい」等の声に応え、「リーダーを育成する実践の場」を2022年度からは、大学独自事業として提供しています。 このコースは、約半年間の短期集中型の学びで、リーダーシップやマネジメント力に自信をつけた方が多く見られる実践的なカリキュラムとなっています。管理職として必要な知識を座学として学ぶだけでなく、講師や様々なバックグラウンドの受講生同士がディスカッションすることで、多様な視点やリーダーシップの体得をしていただいています。
成果が実感できる学びを提供
~修了後の満足度は100%を達成。自信を育みます。~ (2023年度リカレント教育課程アンケートより)
(n=18)

女性リーダー・管理職育成コースの特徴

  • 特徴1
    第一線で活躍する講師から、演習・対面形式で実践的に学べます。
    対面で、グループワークやPBL型の授業を中心に、実践で役立つスキルを学べます。 ビジネスリーダー、管理職を志す女性が、成果を実感できるプログラムを提供します。
  • 特徴2
    ビジネス知識や情報に加え、講師、受講生同士など人的ネットワークも拡がります。
    交流セミナーなどを通じ、人や情報のネットワークが拡がります。受講生同士の出会いやその後のネットワークを評価する意見が京女リカレントでは、多数聞かれます。
  • 特徴3
    土曜日の通学+オンデマンドで効率よく学べます。
    仕事を持ちながらでも、学びやすいように土曜日の通学で学べます。 これから必要なデータサイエンスの演習の他、実戦でのスキルが身に着くように、演習中心のプログラム構成にしています。



ページのトップへ