包括連係協定を結ぶ鹿児島国際大学で、学長竹安栄子が講演しました。

鹿児島国際大学の「清水基金」では、本学学長 竹安栄子は2017年度から分担研究に携わってきました。
今回は、「清水基金」の修了にあたり、「地域探求の視角」~ジェンダー平等のあり方を手がかりに~というテーマでシンポジウムが開かれ、学長 竹安栄子も登壇しました。
このシンポジウムでは、本学客員教授の池上彰も一緒に登壇しました。
池上先生の講演は「鹿児島は、ポルトガルであれ。こう言うと、何の事かと思われるでしょ?これが話の掴みというものなんですよ!」という軽快なトークで始まり、参加者は、笑いに誘われました。鹿児島県は、九州の一番南に位置するが、この地の利は、かつてポルトガルが繁栄したように、アジアへの玄関口となり得る可能性があると後に説明されました。また、鹿児島県は、薩英戦争での危機感から、明治維新の功労者を多く輩出した県でもある。再び、今、危機に立ち向かう知恵を発揮される時ではないかとこれからの鹿児島について言及されました。
竹安先生の講演では、はじめにジェンダー平等とは何かという定義から説明され、日本の置かれる状況を分かりやく解説されたので、皆さんの理解が深まりました。加えて、鹿児島県の人口グラフ統計など、データを示した解説で、今からなら変革していける可能性が残されていることを示唆され、この解説には、会場一同が、勇気づけられた様子で目を輝かされていました。
お二人の、未来の鹿児島を示唆する話題に、参加者は大いに頷き、興味深く聞き入りました。「来年度も是非、このようなシンポジウムを開催して欲しい。」と言い残して満足げに会場を後にされる姿が多く見られ、京都女子大学のお二人の講演が会場を魅了したことが伺えました。
当日は、市民の皆さまを中心に、会場が満席となる約530名の方にご参加いただくこといができ、清水基金研究プロジェクトの締めくくりにふさわしいシンポジウムとなりました。
参考:鹿児島国際大学清水基金:https://www.iuk.ac.jp/shimizu-kikin/index.html

▼画像クリックでPDFを表示

京都生協の移動店舗 「おかいもの便」のご紹介!

京都女子大学J校舎前に、毎週水曜日、15時~15時15分まで、野菜、総菜、牛乳、パン、お菓子など様々な品を積んだ移動店舗が回ってきます。
運ぶのが重いお米などを注文しておくことも可能で、地域の方々が便利にお買い物をできる移動店舗です。
東山区地域支え合い活動創出コーディネーターが「おかいもの便」を支援されています。
職員や学生の方誰でも会員にならなくても、気軽に利用が出来るので、是非、一度、お立ち寄りいただき、お買い物を楽しんでください!

株式会社インテージホールディングスと包括的連係協定の調印式を執り行いました。

本学では、人材育成ならびに地域社会に寄与することを主な目的として、包括的連係協定をこれまで多くの外部企業、教育機関や団体と締結しています。 11月22日、データサイエンス教育・研究に関すること、人材教育に関することを内容とした包括的連係協定を株式会社インテージホールディングスと締結し、本学にて、調印式を執り行いました。 2023年度4月から開講した本学データサイエンス学部との連携活動に、今後、期待が寄せられています。
▲株式会社インテージホールディングス 代表取締役社長 石塚純晃氏と本学学長 竹安栄子による調印

男女共同参画から防災を考える連続講座を開催します。

京都女子大学は、この度、男女共同参画から防災を考えるきっかけとして、7月22日・8月5日・26日に、京都市男女共同参画センター ウィングス京都の久保智里氏を招き、防災シリーズ連続講座(全3回)を開催いたします。(無料:先着30名、対面)

第1回目は女性の視点からの防災の課題についての講義、第2回・3回は、カードを使ったグループワークで、楽しみながら学べる講座です。いずれも土曜日、1時間半ずつの講座です。

興味のある方は是非、お申し込みください。詳しくはチラシをご覧ください。

お申し込みはチラシの中のQRコードまたはコチラからお申し込みフォームへアクセスしてください。

申し込み締め切りは、7月21(金)17時となっています。先着30名の受講ですので、お早目にお申し込みください。

↑画像クリックでPDFファイルを表示します。

女性のためのリカレント教育推進協議会 第4回セミナーへ多数ご参加いただき、ありがとうございました。

女性のためのリカレント教育推進協議会(FRE)は、日本女子大学、関西学院大学、明治大学、福岡女子大学、京都光華女子大学、山梨大学、本学が連携し、女性のためのリカレント教育を推進していくにあたり、まだ、多く残されている課題の共有や解決の検討、そして、社会的な認知を得るための啓発活動などを行っています。
今年度からは、本学が幹事校を務めさせていただき、第4回目となるシンポジウムを開催いたしました。
今回は、「アントレプレナーとリカレント」というテーマで、起業家による講演やリカレント修了生と連携校の卒業生を招いたパネルディスカッションが行われました。起業の実際や登壇者それぞれに、アントレプレナーシップについて、お伺いできたのは、とても貴重な機会でした。
また、最後には、各大学のリカレント教育についての報告があり、女性の再就職や転職のための学びを中心としていたリカレント教育が、各校の努力により、ここ数年で、多岐に渡ってきていることが分かりました。
今回、アントレプレナーシップをテーマとして取り上げたのも、まさに、リアルタイムだったと言えそうです。
多数の方に、ご参加いただきましたことを心より感謝申し上げます。



連携協定を結ぶ奈良女子大学より連続講座のご案内です。

奈良女子大学より
令和4年度 知る・学ぶ・伝えるequality連続講座 第1回のご案内をいただきました。
今回の講師は、東京大学名誉教授、ジェンダー教育で著名な上野千鶴子先生です。
オンデマンド配信も予定されています。
ご興味のある方は、詳細をチラシでご覧になり、お申込みください。


≪クリックでpdfファイルを表示≫

第17回日本たまご研究会(Egg Science Forum 2022)開催のお知らせ(参加費は無料です)

卵の栄養・調理・健康情報を発信し、広く食品研究者、流通業者、生産者、消費者と身近な卵について考えることを目的として、エッグサイセンスフォーラムは、開催されています。
今年の第17回日本たまご研究会は「鳥インフルエンザウイルスの脅威と対策」をメインテーマとして、世界のたまご料理や、卵の調理特性に関する興味深い話題を集めました。
是非、ご興味をお持ちの方に、ご参加いただきたく、ご案内申し上げます。
まだ席に十分余裕がありますので、対面でのご参加をお待ちしています。

〇開催日時:2022年10月29日(土)13時00分~17時00分(12時半受付開始)
〇開催場所: 京都女子大学 B校舎5階 B501教室
(コロナ感染拡大防止の観点から、会場とZoom同時配信のハイブリッド開催とします。)
〇対象者:卵に関心のある食品研究者、流通業者、生産者、消費者、学生など、どなたでも、ご参加いただけます。
〇参加費:無料ですが、事前登録が必要です。
*お申し込みはこちらから
〇第17回日本たまご研究会(Egg Science Forum 2022)ポスター

≪クリックでpdfファイルを表示≫

本学教授 劉 小俊先生が生涯学習講座(オンライン)を開かれます

地域連携活動(弥栄すこやか学級)で中国語講座をご担当いただいていた本学教授 劉 小俊 先生が生涯学習講座(オンライン)を開かれます。
ご興味のある皆さまは、是非ご参加ください。

お申し込みはこちらから。