KWU_RECURRENT

受講者へのメッセージ

竹安 栄子
京都女子大学 特命副学長


リカレント教育課程の目的のひとつは、自らの能力を活用した豊かな人生を支援することです。女性が直面する多様な問題に真摯に向き合い、心を寄せてきた女子大学だからこそ、創り上げることができるのが「京女のリカレント教育」です。スキルや知識の習得に加えて、一人ひとりに寄り添い、自分らしい生き方を模索することをサポートします。

川畑 由見子
オムロン エキスパートリンク株式会社
キャリアセンター カウンセラー


働くのは何のために? 一番充実しているのは何をしているとき? 誰のために時間を使う? 何を学んで何ができるようになりたい?・・・などの問いを、仲間と一緒にじっくりと考える貴重な時間が「キャリアデザイン」です。 新しいことに踏み出そうとする時の、不安な気持ちやわくわくしている心をしっかり見つめて、自分にとって幸せなキャリアとは何かを見つけ出しましょう。

桜沢 隆哉
京都女子大学法学部准教授


「働き方改革」や「人づくり革命」が提唱される中で、いま社会的にもリカレント教育が注目を集めています。これまで女子高等教育機関として、わが国の社会の一翼を担う女性の人材養成に携わってきた本学の経験を活かした、特色あるプログラムを用意しています。本学における「学び」を通して、皆さんのキャリアの「未来をひらく」ことをしてみませんか。

岡崎 昌枝
リカレント事業 コーディネーター

私もかつてリカレント生でした。今は社会福祉士として、地域福祉に携わりつつ大学教育に関わっています。今、振り返ると悩んだ時に私が選んだ道は「学ぶ」ということでした。30歳を超え子育て真っ最中の時期でしたので不安ばかりでしたが、「学んで今より悪くなるわけがない。」というただただ強い気持ちだけでここまで進んできました。子育ても勉学も無我夢中でしたが、困ったときには誰かが助けてくれました。学ぶことで自分が変化するだけでなく、家族も大きく変わってきたように思います。同じ目的に向かって進む仲間と支えあいながら、一緒に新しい未来をひらいていきましょう。苦労が充実感に変わる喜びを共に味わう日を楽しみにしています。